100km/hまでわずか3.7秒! ロータス・エヴォーラにGT430スポーツが新登場

最高速のためにこだわり抜いたボディにも注目

 ロータスの2+2のスポーツモデルに、シリーズ最強となる「エヴォーラGT430スポーツ」が登場した。
ロータス・エヴォーラ

 エクステリアは、前後バンパーやルーフパネル、リヤクオーターパネル、テールゲートやスポイラーなどにカーボンを多用。大幅な軽量化を実現している。またエアブレードが一体となった2つの大型カーボン製ダクトが空気の流れを最適化し、ホイールが生み出す乱気流を抑制。さらに、フロントのホイールアーチパネルが空気を効率よく車両後部へ導き、リヤホイール後部に設けられたダクトが空気を素早く放出する。これによりダウンフォースのバランスを整えており、これによりロータスのロードカー試乗最速のク最高速度315km/hを実現した。
ロータス・エヴォーラ

 インテリアは、エクステリア同様にカーボンを多用。シートやドアシル、インパネなどへふんだんに使用される。さらにステアリングやダッシュボード、ドアパネル、そのほかトランスミッショントンネルやセンターコンソールには、アルカンターラとディウンプルレザーの組み合わせ。ブラックレザーに合わせたレッド&ホワイトステッチが、スポーティさを際立たせる。ロータス・エヴォーラ

 パワートレインは、インタークーラー付き3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載。最高出力436馬力、最大トルク440N・mを発揮するハイパワーモデルだ。0-100km/h加速は、6速MTが3.8秒、最大トルクが10N・mほど高い6速ATは、3.7秒をマークする。

 足回りには、オーリンズ製ダンパー、APレーシング製ブレーキを標準装備。トルセンLSD、可変トラクションコントロールシステムも備える。

 まさに最強といえるエヴォーラGT430のプライスは、1782万円(税込み)。
ロータス・エヴォーラ

画像ギャラリー