ドイツ車だけが軒並み高評価! 日本車との根本的な違いとは (1/2ページ)

ドイツ車だけが軒並み高評価! 日本車との根本的な違いとは

こだわりを持ってクルマ本来の運動性能を追求しているため

 クルマの好き嫌いは人によってさまざまである。しかし、趣味嗜好を置いておいて“工業製品”として見ると、圧倒的にドイツ車の評価が高い。確かに筆者も「さすが!!」と思う部分はたくさんあるし、同業者のなかには「日本車はドイツ車に追いつくどころか引き離されている」と言う辛口な人もいる。

 さらに日本の自動車メーカーのエンジニアに話を聞くと「ベンチマークはドイツの●●」と言う話もよく聞く。クルマは約2万点の部品で組み立てられており、その構成は基本的にはどのクルマもそう大きく変わらない。では一体、ドイツ車は日本車と何が違うのだろうか?
ドイツ車

 まず、根本的にクルマ作りの考え方が違う。日本車はユーザーニーズやライバルを意識しすぎるのに対して、ドイツ車はこれらを意識しつつも、まずは「自分たちが何を作りたいのか」といった点を重要視している点である。そのため、基本的にはベンチマークは存在しないそうだ。

 以前、メルセデス・ベンツのエンジニアに同じドイツ勢となるBMWについて聞いてみたことがあるが、「まったく気にしていない。BMWのようなクルマが欲しければBMWを買えばいいのでは?」と笑われたことがある。また、BMWのエンジニアに「トヨタについてどう思う?」と聞いてみると、「乗ったことがないので知らない」と(笑)。しかし、最近の隙間を埋めるラインアップ攻勢を見ていると、必ずしもそうではないような状況だと思うのだが……。
ドイツ車

 続いて「クルマは何が重要か?」の部分が異なる。クルマは「走る/曲がる/止まる」という性能がもっとも重要であるが、日本車はいい意味でも悪い意味でも割り切ってしまうのに対し、ドイツ車はどんなモデルでも最善の努力を怠らない。

 たとえば、ドイツ車は背の高いクルマが少ないが、これは高速走行で前面投影面積が上がることで走行安定性や燃費の悪化……つまり走りの性能を気にするからだ。
ドイツ車

 逆に日本車はそれよりも「室内幅/室内長はトップ!!」、「ラゲッジにゴルフバックが何個入るか?」など、細かい部分に非常にこだわりがあるが、ドイツ車はその部分はあまりこだわっていない。じつはこれにもロジカルな理由があり、居住性やゴルフバックを優先するとサスペンションを理想的に動かすジオメトリーやスペースが両立できないことをわかっているのである。
ドイツ車

画像ギャラリー