7代目の新型レクサスESを北京モーターショーで世界初公開! 日本には秋に導入

7代目の新型レクサスESを北京モーターショーで世界初公開! 日本には秋に導入

走り系のFスポーツもラインアップ

 4月25日、北京国際モーターショーで、レクサスは世界で初めて挑戦的な顔を持つ新型ESを発表した。ブースに集まった中国メディアは、新型登場に珍しく拍手が沸き起こった。レクサスES

 最初に登場したのは、レクサスのチーフ・ブランディング・オフィサー(CBO)の福市得雄さん。中国マーケットでレクサスブランドが受け入れられ、新型ESへの自信あるスピーチが行われた。
レクサスES

 レクサスESはアッパーミドルクラスセダン。日本で展開されているセダンシリーズ、大型のLS、その下に位置するGS、さらにミドルクラスのISなどがFR(フロントエンジン・リヤドライブ)レイアウトを採用するのに対し、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)を選択している。レクサスES

 これまで6世代にわたってモデルチェンジを行い、今回の新型で7代目となる。

 日本市場へは、トヨタブランドとしてウインダムの名前で2代目から4代目が販売されていたことを記憶している人も多いだろう。

 新型ESは全幅1875mm、全長4975mmというビッグサイズで特徴的なスピンドルグリルに圧倒される。エンジンが2.5リッター・ハイブリッドで、走りにはあまりこだわっていなかったこれまでのESだが、今度は欲張りだ。静かで居住性はよく、走りにもこだわるという。その結果、なんとFスポーツまでラインアップされた。レクサスES

 待望の日本国内にも初めて発売されることが決まっている。今年の秋の予定だ。レクサスES

画像ギャラリー