【試乗】オヤジ御用達のクラウンをニュルで仕上げた! 新型クラウンは走りで勝負 (3/4ページ)

2リッターターボはスポーツモデルのようなキレッキレの回頭性

 次に2リッター直4ターボのガソリン仕様、RSに乗り換える。クラウンほどの車体に2リッター直4ターボエンジンじゃ力不足を思われがちだが、走りだすとその懸念はすぐに払拭される。0-100km/h加速性は2.5リッター+HVとほぼ同等であると感じられた。車両重量がHVに比べて相当に軽いのだから、運動性能、動力性能面で有用なのは言うまでもないだろう。

新型クラウン

 だがコーナー区間へ入って行くととんでもなくクイックなハンドリングが発揮された。ステアリングレスポンスはよりクイックで高応答になっているが、電子制御パワーステアリングの設定に優れ、操舵感を自然に感じられる。操舵力の必要なところでしっかり重さもありつつ適度なアシストが入るステアリングフィールは特筆すべきレベルだ。

新型クラウン

 それにしても回頭性が高く前後バランスに優れアジリティに富んでいる。狙ったラインを正確にトレースでき、破綻限界も高い。そのレベルの高さに驚きピットでエンジンルームを除きこむと、軽量コンパクトなエンジンはほぼフロントミッドに搭載され、シャシーの補強ブレースがいくつか見える。

新型クラウン

 そしてストラット砲塔タワーがアルミダイキャスト製であることが見て取れた。欧州のプレミアムモデルでは常識化している砲塔のアルミダイキャスト化を取り入れ、ニュルでさらにハイレベルに仕上げたことがより軽量の2リッターターボ車では驚くほどのアジリティ効果として発揮されている。2リッターターボ車ならRS=レーシング・スポーツの略としたほうが適しているのではと感じたほどだ。

画像ギャラリー