「クラウン」の記事一覧

日産やホンダが「クラウン」や「カローラ」を生み出せないワケ

カローラとクラウンは販売力と商品力が段違い  2019年度の登録車販売台数においてトヨタ・カローラが13年ぶりにトップとなったことがクルマ好きの間で話題となっている。オーナーの高齢化が進み、ある種のオワコンと思われていた...

続きを読む...

京商の人気モデルカー「SAMURAI」シリーズ最新作はトヨタ・クラウン! 700台限定で発売

ビッグスケールならではの存在感で満足度も高し!  日本を代表するホビーメーカーの京商。同社の人気モデルカーシリーズ「SAMURAI」の最新作として、トヨタ・クラウンが3月13日(金)に発売予定だ。メーカー希望小売価格(税...

続きを読む...

これは売れない! 登場時の多くの批判にも負けず後に人気車種となった不屈の魂をもつクルマ3選

アグレッシブすぎて当初は非難が相次いだクルマも下克上!  クルマも人と同じように第一印象は重要だ。そのためスタイルに代表される第一印象がよくないクルマは人以上に浮上できないことが多い。しかし、少なからず登場時は批判されな…

続きを読む...

これがトヨタの力だ! 世界の自動車業界を震撼させた技術5選

当たり前の存在となったハイブリッドカーの先駆者  トヨタという自動車メーカーは「石橋を叩いても渡らない」など、保守的なイメージが強い人も多いかもしれない。しかし世界初、日本初といった技術も少なくない。これまでトヨタが世に…

続きを読む...

アオシマの新作はトヨタ・クラウンと消防車仕様のスバル・サンバー! 1/24スケールで間もなく発売

好みの仕様を選択して仕上げることも可能  魅力的なプラモデルなど多数ラインアップする青島文化教材社。同社の人気シリーズ「ザ・モデルカー」の最新作として、トヨタ・クラウン ロイヤルサルーンG/アスリートG(GRS182)と...

続きを読む...

「大人のスポーティ」を追求したトヨタ・クラウンの特別仕様車が登場!

LEDヘッドライトはスモーク塗装!  トヨタ自動車は2019年10月2日、クラウンに特別仕様車「スポーツスタイル」を設定し、発売した。価格はSグレードの2.0リッターターボガソリン車が507万3200円、2.5リッターハ...

続きを読む...

脅威的な当たり年! 東京オリンピックの1964年に誕生した名車5選

東京オリンピックの開催が日本のモータリゼーションの発展に寄与  東京オリンピック・パラリンピックの開幕まで1年を切っている。1964年に開催された東京大会でもオリンピックとパラリンピックは併催され、理念の面で日本人の意識...

続きを読む...

【素朴なギモン】なぜ日本のパトカーにはトヨタ・クラウンが多いのか?

最近のパトカーには先代クラウンが増えている  日夜、我々の安全を守ってくれている警察官。その警察官が乗車する警察車両のなかでも我々になじみの深い車両といえば、やはり白黒カラーのパトカーだろう。そのパトカー、地域の交番にあ…

続きを読む...

見つけたらタクシーマニア感涙もの! いまはほとんど見かけないタクシー専用車両5選

セダンタイプのタクシー仕様もバリエーションが豊富だった  筆者がクルマ好きとなり、クルマ関係のメディアで仕事をするようになった、その原点はタクシーである。我が家がまだマイカーを持たなかった子どものころ、祖母の家を訪れる時…

続きを読む...

偉大な初代のおかげでいまではド定番装備! 発表当初にクルマ好きが衝撃を受けた装備7選

当時の最先端装備はクルマ好きからも注目の的となった  クルマというのはどんどん進化しているわけで、装備も新しいものが出て、普及したり定着したり、はたまた消えてしまったりを繰り返している。地味なものもあれば、大いに話題にな…

続きを読む...

今や当たり前の便利装備! 時代を切り拓いた初採用の国産車4選

クルコンが初めて登場したのはなんと55年前!  自動車の進化のスピードはすさまじく、日々新しい技術を採用すべく各メーカーが開発を進めているのはご存知の通り。しかし、今では多くの車種に採用されている装備も、当然ながら初めて...

続きを読む...

セダンの王様トヨタ・クラウンにさらなる高級感を! 特別仕様車「エレガンススタイル」が登場

インテリアも高級感あふれる!  トヨタ自動車は2019年7月8日(月)、「クラウン」に特別仕様車「Elegance Style」を設定し、発売を開始した。  クラウンは1955年に登場したトヨタの高級セダン。7代目には「...

続きを読む...

時代の流れかハデさはないが秀作ぞろい! 平成15年生まれのクルマ6選

先代モデルのネガを潰した秀逸作が多数誕生  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災とい...

続きを読む...

性能と引き替えに失ったものも! あえて中古で先代モデルを選びたくなる国産車9選

性能では確実に進化しているが感性の部分では……  基本、進化というのは素敵なことだ。機能はよくなるし、便利にもなるなど、そこは否定しないし、クルマの場合も進化してこその存在意義というのはある。とはいえ、前のモデルに付いて...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング