「トヨタ/レクサス クラウン」の記事一覧

トヨタ/レクサス クラウンに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

無意味な区分けが邪魔をして大きくできない! 日本の小型車がさいなまれる「5ナンバーの呪縛」

この記事をまとめると ■かつては5ナンバーだったモデルが新型車で3ナンバー化している ■グローバルでの販売面でも衝突安全基準の面でもボディをワイド化したほうが有利になる ■小型車規格改正から50年以上が経過しており、5ナ...

続きを読む...

お金がないからじゃなくて「これしかない」から乗り続けている! 「新型が出ててもキレイな旧型多いよね」なクルマ3選

この記事をまとめると ■「ワンオーナー車」として愛され続けている率の高いクルマを紹介 ■乗り換えるにも代わりのクルマがないという場合も多い ■当時の販売価格が高額だったクルマは長年愛用する人が多い傾向にある これに代わる...

続きを読む...

悪者は逃走不可! 実際に存在する日本と世界のバカッ速パトカーたち

この記事をまとめると ■通常のパトカーとは違うスポーツカーを使ったパトカーを紹介 ■取り締まりというよりかは、事故防止の抑止力として存在している ■世界に目を向けると数千万円クラスのスーパーカーも採用されている みんなの...

続きを読む...

自動車コラムニスト山本晋也さん最終的に行きついたのはエブリイバンだった! 【みんなの愛車遍歴 Vol.2】

この記事をまとめると ■WEB CARTOP執筆陣の愛車遍歴を紹介、第2弾は自動車コラムニストの山本晋也さん ■最初のマイカーはスターレットGTで独立初期の相棒はアルミボディの2シーター ■経験することを優先したクルマ選...

続きを読む...

デニスホッパーに忌野清志郎にエリマキトカゲまで! 「三菱って〜のが」なんてセリフもあったかつての衝撃クルマCMたち

この記事をまとめると ◼︎クルマのCMには人気著名人が昔からよく起用されていた ◼︎また誰もがクルマと結び付けて覚えているような秀逸なキャッチコピーも多かった ◼︎そうしたCMとキャッチコピーを紹介する 印象的なCMによ...

続きを読む...

世の中の「注目度」と「影響力」で判断! 国産車「パワーランキング」TOP5を独断と偏見で決定した

この記事をまとめると ■視聴誘因力と認知率で決まるタレントパワーランキングをクルマに当てはめてみた ■売り上げよりも注目度や影響力、知名度といった要素から独断と偏見で選出 ■2021年国産車パワーランキングのトップはスポ...

続きを読む...

15代を数える自動車界の徳川幕府「クラウン」! マニアライターが独断と偏見でTOP5を選出した

この記事をまとめると ■筆者はカローラやクラウンなどのセダンマニア ■クラウンは66年の歴史を誇り現行は15代目 ■独断と偏見で心に残るTOP5を選出した クラウンは長年にわたって日本の高級車の代名詞だ  1955年に初...

続きを読む...

画期的装備! のハズが見かけない? イマイチ馴染まず「消えゆく」クルマの悲しい装備たち

この記事をまとめると ■意気込んで開発した装備もその代限りで消えてしまうほど馴染めない場合も ■他社の失敗からヒントを得て、自社製品に応用するケースもある ■新装備を一旦は採用しつつも、しばらく経つと以前の物へ回帰という...

続きを読む...

日本では衰退気味だが……かつてのファミリーカーであったセダンの良さを改めて見直したい

この記事をまとめると ■かつてはクルマの花形であったセダンだが現在は低迷している ■セダンの魅力は3ボックス構成のスタイルの良さと低重心による走行性能の高さ ■低迷している理由は決してセダンの魅力がなくなったわけではない...

続きを読む...

クラウンやレガシィベースまで存在した! かつて日本で生まれた「異色派」ピックアップ5選

この記事をまとめると ■海外では人気ジャンルだが、今の日本ではほとんど人気がない ■かつて自動車メーカーの多くはピックアップトラックをラインアップしていた ■アウトドアがブームなので、今後またピックアップトラックが流行る...

続きを読む...

クルマが便利になったのは「アナタのお陰」かもしれません! いまじゃ「当たり前装備」にチャレンジした「ファーストペンギン車」6台

この記事をまとめると ◼︎今では当たり前な装備も昔は標準装備ではなかった ◼︎意外にもホンダが日本初や世界初装備を多く取り入れている ◼︎今でも「世界初装備」というのが生まれるくらいクルマの進化は凄まじい 今では当たり前...

続きを読む...

ついに現行クラウンのパトカーが登場! 要件を満たさないと言われた「トランク容量が小さい問題」はどうなった?

この記事をまとめると ■現行トヨタ・クラウンベースの国費調達パトカーが登場 ■これまで現行クラウンはトランク容量が足りないと言われていた ■どのようにパトカーの条件をクリアしたのかを解説する  以前、現行トヨタ・クラウン...

続きを読む...

50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた

この記事をまとめると ■全長3.4m、2ドアハッチバックが大成長していたシビック ■最初は1.5リッター観音開きドアだったが国産高級セダンという立ち位置は不変のクラウン ■プレミアム系セダンの基本は不変? じつは正しく進...

続きを読む...

イケてるのに「映え」ない! 「生」で見れば「ベタ惚れ」必至のクルマ5選

この記事をまとめると ◼︎写真ではどうしても光の当たり方や形状でイメージと違って見える車種がある ◼︎写真で微妙なクルマも実車を見れば格好いいクルマ5台を紹介 ◼︎酷評されても売り上げで挽回する車種も 写真で見るとイマイ...

続きを読む...

かつて「打倒クラウン」に各社は燃えた! トヨタの絶対王者に挑んだ国産セダン5選

この記事をまとめると ■セダンが不人気な現代でもクラウンは月2000台ほど売れている ■高度経済成長期からバブル期まではクラウンのライバルが各社から出ていた ■クラウンを含め今後のセダン市場の動きに注目だ セダンが輝いて...

続きを読む...

デイリーランキング