夏休みはトヨタ博物館で決まり! 家族で学べる「ト博 夏フェス!2018」を開催

貴重なクルマに触れられるチャンス!

 国内外の歴史的名車が多数収蔵されているトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、7月14日(土)〜9月30日(日)の間、夏の全館イベント「ト博 夏フェス!2018」が開催される。館全体が大人も子どもも楽しめるイベント会場になっており、「企画展」、「キッズ! クルマワンダーランド」、「屋外展示・実演」、「学ぼう! 作ろう! キッズラボ」の4つのコンテンツで構成されている。

 企画展は、「クルマの“魅力”再発見!」をテーマに、夏らしい9台のオープンカーが展示される。映画「007 007は二度死ぬ」のボンドカーとして登場した「トヨタ2000GTボンドカー」のほか、「シボレー インパラ」や「エドセル サイテーション」、「ホンダ ビート」などが展示される予定だ。
トヨタ博物館

「キッズ! クルマワンダーランド」では、子供たちの憧れのクルマのパトカーや救急車などはたらく自動車がずらり集結。パトカー/JAF災害対策指揮車/軽ポンプ車/3輪タクシー/救急車が展示され、軽ポンプ車以外が乗車可能となっている。また、大人も楽しめるぬり絵、子供向けのワークブックの配布なども実施される。

 屋外展示・実演では、『フィールドパフォーマンス「すご技実感!』をテーマに、かにクレーン&ショベルカーの実演や、昨年大好評だった陸上自衛隊災害派遣車両&装備展など、普段見られないような大迫力のパフォーマンスが行われる。そのほか、白バイ走行、消防&レスキュー実演なども見られる。

「学ぼう!作ろう!キッズラボ」では、水素燃料電池教室や工作・実験教室を実施し、子どもたちにクルマや社会課題へ関心を持ってもらうことを目的としている。また、木に触れながら環境意識を育む「ウッドカー・チャレンジ」や、今年初の試みである生きた虫を観察して作成する「夏の虫たちの図鑑つくり」など、環境をテーマにしたプログラムが多数用意されている。ライブラリーイベントでは、クルマの本を使いながら、ワークショップなどを行われる。

 なお、7月14日(土)〜9月2日(日)は小学生の入館は無料。夏休みを利用して親子で参加したり、夏休みの宿題の自由研究に役立てたりしてみてはいかがだろうか。※実演や工作・教室などはそれぞれ開催日及び開催時間が異なるので、注意が必要だ。

 所在地
愛知県長久手市横道41-100
(名古屋瀬戸道路・長久手ICより西へ400m グリーンロード沿い)
TEL:0561-63-5151 FAX:0561-63-5159
ホームページ:http://www.toyota.co.jp/Museum/
開館時間
9:30〜17:00(入館受付は16:30まで)
休館日月曜日(祝日の場合は翌日。7/16(月・祝)、8/13(月)、9/17・24(月・祝)は開館)
入館料
大人:1000円/シルバー(65歳以上):500円/中高生:600円/小学生:400円(団体割引あり)
(新館1階、3階ライブラリーは無料)
7/14(土)〜9/2(日)は小学生無料

画像ギャラリー