後方からの追突時に役立つホンダ純正リヤ用ドライブレコーダーが適用車種を拡大

後方からの追突時に役立つホンダ純正リヤ用ドライブレコーダーが適用車種を拡大

純正アクセサリーならではの耐久性にもこだわった仕様

 ホンダの純正アクセサリーを手がけるホンダアクセス。新型CR-V向けに発売したドライブレコーダー(リヤ用)の適用車種を19機種に拡大したと発表した。

 リヤウインドウに装着するタイプで、車両後方を常時録画可能。後方からの追突など車両に衝撃があった場合、前後20秒を記録する。後方のクルマのヘッドライトの光があれば、夜間でもナンバープレートまで認識することができる録画設定も可能。ミニバンや軽自動車などバックドアタイプでも、耐久性なども確保した純正アクセサリーならではのアイテムとなっている。ドラレコ

 記録動画は専用のビューワーソフトを用いて、パソコンで再生可能。別売りオプションの後方駐車録画キットを用いれば、駐車時に衝撃が合った場合も録画することができる。

 商品概要は下記の通り(価格は税込み)

本体価格:2万7000円
オプション価格:3780円

適用車種

CIVIC(FK7/FC1)
CIVIC TYPE R(FK8)
CR-V(RW1/2/RT5/6)
N-BOX(JF1/2/3/4)
N-BOX+(JF1/2)
N-BOX SLASH(JF1/2)
N-ONE(JG1/2)
N-VAN(JJ1/2)
N-WGN(JH1/2)
ヴェゼル(RU1/2/3/4)
オデッセイ(RC1/2/4)
グレイス(GM4/5/6/9)
ジェイド(FR4/5)
シャトル(GK8/9/GP7/8)
ステップワゴン/ステップワゴンスパーダ(RP1/2/3/4/5)
フィット(GK3/4/5/6/GP5/6)
フリード/フリード+(GB5/6/7/8)
フリード(GB3/4/GP3)
フリードスパイク(GB3/4/GP3)

画像ギャラリー