日本市場初のディーゼルエンジン搭載! BMW X3に運動性能を高めたM40dを追加

日本市場初のディーゼルエンジン搭載! BMW X3に運動性能を高めたM40dを追加

日本初導入の高性能ディーゼルターボエンジンを搭載

 BMWは、プレミアムミドルクラスSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)のX3に、高性能ディーゼルエンジンを搭載するMパフォーマンスモデル「X3 M40d」をラインアップに追加した。875万円。

 Mパフォーマンスモデルは、M2やM4といったスペシャルモデルを手がけるBMW M社がパワートレインやシャシーをチューニング。高めた運動性能にあわせてエクステリアデザインも変更し、よりスポーティさを際立たせたモデルだ。

 X3 M40dに搭載する直6 Mパフォーマンスツインパワーターボディーゼルエンジンは、日本市場に初投入となる。最高出力は326馬力/4400rpm、最大トルク680N・m/1750-2750rpmを実現する。同時にMスポーツディファレンシャルを搭載し、より正確なトラクションコントロールを実現。SUVながら高いコーナリング性能を楽しめる仕様に仕立てられている。

 エクステリアデザインは、大型キドニーグリルやエアインテーク、ミラーキャップをフェリック・グレーでペイント。ブラッククローム仕立てのデュアルエキゾーストテールパイプとM40dのエンブレムが、性能の高さをアピールする。

画像ギャラリー


新着情報