SUVらしさを際立たせたプジョー3008&5008の特別仕様車「CROSSCITY」発売

SUVらしさを際立たせたプジョー3008&5008の特別仕様車「CROSSCITY」発売

人気のオプションパッケージを標準化

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーブランドの人気SUVは「3008」と「5008」に、よりSUVらしいパフォーマンスを楽しむことができる装備などを満載する特別仕様車「CROSSCITY」を発売した。

【関連記事】クルマを選ぶなら標準モデルより特別仕様車のほうが買いか?

プジョー画像はこちら

 主な特別装備として、悪路走破性を高めてくれるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)を採用。プジョー画像はこちら

 さらに、アルカンターラ&テップレザーシート(運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート、フロント・シートヒーター付き)&グリーンステッチインテリアにより、機能的かつスタイリッシュなインテリアとなっている。プジョー画像はこちら

 そのほかにも、アルミペダルやフロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲート(5008は標準装備)も備えている。プジョー画像はこちら

 また、特別仕様車の証として、コンパスをモチーフにしたエンブレムとBピラーステッカー、クロームドアミラーによって上質な外観に仕立てている。プジョー画像はこちら

 メーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。

3008 CROSSCITY
405万円

3008 CROSSCITY パノラミックサンルーフ
420万円

5008 CROSSCITY
430万円

5008 CROSSCITY パノラミックサンルーフ
445万円

画像ギャラリー