2WD車にもAYCを採用! 三菱エクリプス クロスが一部改良

2WD車にもAYCを採用! 三菱エクリプス クロスが一部改良

車内の快適性なども高めて商品力をさらにアップ

 三菱自動車は、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」の2WD車を一部改良し、12月13日より発売した。253万9080円〜310万7160円。

 主な改良点は、4WD車に設定されている、アクティブヨーコントロール(AYC)を2WD車に採用した。これにより、コーナリング時の軽快感や回答性、旋回時のライントレース性を向上させている。エクリプス

 また、フロントウインドウに採用されている遮音性の高いガラスをフロントドアにも採用。風切り音を低減するとともに、走行時の静粛性も高めた。

 インテリアは、全席のパワーウインドウスイッチに照明を追加しつつ、ワンタッチでオート開閉できる機能をプラス。利便性を高めている。

 また、本来本革シートとのセットオプションだった前席シートヒーターをファブリックシートでも標準化。快適なドライブを楽しむことが可能だ。(写真は本革シート仕様)エクリプス

 そのほか、Mグレードは16インチアルミホイールを切削光輝仕上げに変更。さらに、ルーフレールレス仕様のメーカーオプションを設定した。エクリプス

画像ギャラリー