ミニバンやSUVなど実用車のマフラー交換に意味はあるのか

ミニバンやSUVなど実用車のマフラー交換に意味はあるのか

性能向上よりもドレスアップと音を楽しむ目的が主

 かつてはマフラー交換といえば、スポーツカーの定番チューニングで、その目的は排気効率の向上による、パワー&トルクのアップ。しかし、最近ではセダンやミニバン、SUVなど、スポーツカー以外でもマフラーを交換しているクルマを多く見かける。

【関連記事】【今さら聞けない】エンジンを止める寸前にアクセルを空ぶかしする人がいるけどなぜ?

マフラー画像はこちら

 彼らがマフラーを交換する目的の大半は、ドレスアップだろう。

 愛車を自分好みにカスタマイズしたいというのは、乗っている車種を問わず、クルマ好き共通の性!?

 ミニバンやSUVユーザーにとって、エアロパーツと大径ホイール、そしてマフラーは、ドレスアップの3大要素になっていて、とくにマフラーに関しては、リアビューを引き締めるためのアイテムとして、デザイン重視で選んでいる傾向がある。

マフラー画像はこちら

 大手マフラーメーカーも、エアロパーツや大径ホイールでドレスアップしたミニバンやSUVにマッチする、デザイン的にインパクトのあるマフラーをラインナップしていて、素材(ステンレスなど)や音量なども工夫している。

マフラー画像はこちら

 とくに音量に関しては、年々基準が厳しくなっているとともに、ユーザーサイドも迫力あるサウンドよりも、静かな住宅地でも気兼ねなく走れる低音量の車検対応マフラーを好む人が増えてきている。

 目立ちたがり屋の人は、音量が大きめの方がいいと思っているかもしれないが、うるさいマフラーは、周囲から嫌われるので要注意。また、ミニバンなどは、車内のこもり音も気になるので、音量は控えめな方が間違いない。

マフラー画像はこちら

 性能向上については、正直体感できるほどの効果は期待しない方がいいだろう。大手マフラーメーカーの製品なら、ノーマルよりは排気効率も考えられているだろうが、NAエンジンならマフラー交換によるパワーアップは数馬力程度。

マフラー画像はこちら

 材料置換による軽量化も考えられるが、スチール製とステンレス製でも重量自体はあまり変わらない……。ただし、オールステンレスマフラーなら、ノーマルのスチールマフラーよりも耐腐食性などの耐久性は高くなる。

マフラー画像はこちら

 というわけで、ミニバン・SUVでマフラー交換の意味があるのかと言われると、メリットはドレスアップ効果ぐらい。それがカッコいいかどうかは、個人の主観の問題なので、カッコいいと思う人は交換すればいいし、そう思わない人は交換しなければいいだけの話。ただしうるさいクルマは迷惑なので、マフラーは車検対応で、静かな場所を走っても目立つことがないようなものを選んだ方が、センスがいいと評されるだろう。

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報