日産がスカイライン伝統の2ドアクーペを日本国内から消したワケ (1/2ページ)

日産がスカイライン伝統の2ドアクーペを日本国内から消したワケ

車種としては海外に存在するが国内向けは現行型からセダンのみ

 2014年に登場した現行のスカイライン(13代目)、V37のボディバリエーションは、セダンしかない。日本を代表するスポーツセダンのブランドであるスカイラインは、一方でハコスカの頃から、クーペのイメージが強かったはず。

【関連記事】【祝スカイライン60周年】歴代モデルを振り返る①「初代から3代目」

スカイライン画像はこちら

 V37スカイラインは、海外ではインフィニティブランドのQ50として販売され、そのクーペタイプのインフィニティQ60も欧米では売られている。2018年10月のパリモーターショーには、『インフィニティQ60プロジェクト・ブラックSプロトタイプ』が展示されたのも記憶に新しいところだが、日本国内でクーペが登場する見込みはない。

スカイライン画像はこちら

 なぜ輸出仕様にクーペがあるのに、国内仕様はセダンだけなのか? その理由はやはり、国内では大型の2ドアクーペの需要が見込めないからだ。いまの国内市場では、2ドアクーペどころか日産のセダンも売れていない。日産車で元気があるのは、ミニバンとコンパクトカーと軽自動車。セレナとノートと軽自動車は売れているが、フーガやシーマやティアナ、シルフィーは売れていない……。とくにスカイラインは、セダンだって販売好調とは言えないので、国内にクーペを投入する積極的な理由は見当たらないというのが実情だ。そうしたなか、日産はフェアレディZを作り続けているだけでも、ポジティブなメーカーといってもいいぐらいかもしれない。

スカイライン画像はこちら

画像ギャラリー