泣きを見ないために! 中古車購入時にチェックしておくべきポイント10選 (1/2ページ)

泣きを見ないために! 中古車購入時にチェックしておくべきポイント10選

クルマに詳しくなくても確認できるポイントは多い

 品質に不安がない新車に対して、中古車は購入時に心配になりがち。見た目はいいけど、じつは事故車だったり、メーターがおかしかったり。はたまたメンテ不良車で、買ったはいいけど、調子がよくないのでは? などなど、いろいろと考えてしまう。考えだしたらキリがないといえばそれまでだが、実際中古車で泣きを見ることはあるので、配慮はしておきたい。

 今回は、今までの取材経験からの中古車購入時にぜひ見ておきたいポイントを紹介しよう。ちなみに外装・内装のチェックやボンネットを開けてのエンジンルーム確認などは必ずしておきたいが、ここで見極めるのは無理。不良車を扱うような業者にとっては誤摩化すのはいくらでもできること。「見た目きれいでパリッとしているからいいクルマ」という考えはあまりしないほうがいい。

チェックポイントその1 ボディ下

 ピットがあれば上げてもらえるとわかりやすいが、ダメな場合はしゃがんで覗く。フロント、サイド、リヤの3点から見て、サビや腐食がないか。またメンテナンスをしているかも見て取れる。

中古車の見分け方

チェックポイントその2 カーペットをめくる

 旧車のように簡単に剥がせて、フロアを確認はできないが、運転席の奥など、少しでもめくれるところを探して見る。サビでボロボロということはないが、思わぬ状態になっていることはある。

チェックポイントその3 タイヤ

 新品に換えられてしまっていればダメだが、タイヤの減り方を見ると走りに問題があるかないかが判断できる。たとえば片減りしているようなクルマは真っ直ぐ走らなかったり、回転抵抗が大きくて燃費が悪かったりする。そもそも片減りは普通はならないので、なにかがあったと考えるべき。ただし、アライメントを取って納車してくれるなら買ってもいいかもしれない。

チェックポイントその4 トランクやラゲッジ

 今までの中古車取材で、トランクに水が侵入して腐食したり、悪臭がするという例は多かった。経年劣化や持病的な不具合が原因だが、ラゲッジのコンディションは今までの使われ方が大きく影響する。

中古車の見分け方

チェックポイントその5 トランクの下

 トランクを見たらフロアをめくって見る。鉄板むき出しのところにスペアタイヤや工具などが入っているが、ここが腐っている場合もあるし、事故車の場合は跡が残っている場合もある。またトランク開口部のふちゴムを外して、耳が真っ直ぐになっているかも修復歴ありかどうかわかりやすい。

中古車の見分け方

画像ギャラリー