今年も個性的なクルマが多数登場! 独断で選ぶ2018年の外観デザイントップ3&ワースト3 (1/2ページ)

今年も個性的なクルマが多数登場! 独断で選ぶ2018年の外観デザイントップ3&ワースト3

1位に輝いたのはあのコンパクトオフロード車!

 2018年もまもなく終わり。今年もずいぶんいろいろなニューモデルが登場して、われわれクルマ好きを楽しませてくれました。自動車メーカーさん、本当にありがとう。でも今年は13年ぶりに、クルマを1台も買いませんでした。本当にすいません。

 もうすぐ紅白歌合戦という時期でもありますゆえ、2018年に登場したニューモデルのうち、デザインのトップ3とワースト3を、独断で決定しました。ハナクソでもほじりながらご笑納くださいませ。

デザインランキングトップ3

3位)ボルボXC40

 踏ん張り感の高いフォルムは、シンプルでバランスがいい。逆スラントのノーズが懐かしくも鮮烈。全幅が広すぎるのが玉にキズ。デザイン

2位)ランボルギーニ・ウルス

 掛け値なしに「すげぇっ!」と思わせてくれたこのカタチ。とくに威嚇感満点のフロントマスクがステキ。こういうオラオラ系は、デザイン的な評価はあんまり高くならないのがフツーだけど、ウルスには問答無用に降参したくなった。押し倒されたい衝動です。デザイン

1位)スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ

 見た瞬間、「うわ、ミニGクラス!」と思いつつ、それを超えた普遍的な機能美に感嘆。何に似ていようがかまわない、ジムニーはジムニーだ! って感じ。もともとジムニーは、マニアックな名車の地位を確立しておりましたが、4代目にしてデザインも歴代最高に到達したというのがスバラシイ。カスタムのベース車両としても秀逸だし、今後20年間、カーマニアを楽しませてくれるでしょう。デザイン

画像ギャラリー