バカ売れノートやセレナだけじゃない! 逆風時代に注目したい日陰の日産車3選 (2/2ページ)

リーフじゃない電気自動車の圧倒的な使い勝手

3)日産e-NV200

 日産の電気自動車というとリーフばかりが話題に上がるが、忘れてはいけないのがミニバン/ライトバンボディを持ったe-NV200だ。リーフと共通するパワートレインを持つe-NV200だが、リーフが2代目へとフルモデルチェンジを果たしたことでバッテリー容量も2代目リーフと同様の40kWhへとアップ。12月から順次デリバリーが開始されているのだ。

【関連記事】日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

日産車画像はこちら

 これにより航続距離も300km(JC08モード)と増長したが、それよりも注目すべきは最大1500Wまで対応するAC100Vコンセントが2つ標準で装備される点だ。これに40kWhのバッテリーが組み合わされることにより、1000Wの電力を最大15時間に渡って供給できる「走る蓄電池」となったのである。

日産車画像はこちら

 さすがに3,954,960円~4,762,800円という価格は高額だが、有事の際のことを考えれば自治体などに1台あってもいいかもしれない。

日産車画像はこちら

名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報