オートサロン初日に募集開始の200台限定コペンクーペも展示! ダイハツブース【東京オートサロン2019】 (1/2ページ)

オートサロン初日に募集開始の200台限定コペンクーペも展示! ダイハツブース【東京オートサロン2019】

カスタマイズを通じて遊びを提案するダイハツの試み

 2019年1月11日から13日まで行われている東京オートサロン2019。各メーカー、ショップがさまざまなカスタマイズの提案をするなか、異彩を放っていたのがダイハツブースだ。

ダイハツ

 全体的に、オンロード、オフロード問わずに走り系の提案が多いなか、ダイハツは「遊びゴコロをみんなのものに。」をテーマに色々なカーライフを想起させるクルマを展示。明るい雰囲気の楽しいブース展開となっていた。

 そうはいっても走りは忘れない。まず壇上には3台のコペンを展示していた。

ダイハツ

 1台はコペン・クーペ。こちらはオープン軽スポーツのコペンを、クローズドボディのクーペ化したのもの。さらにHKSのマフラーにサスペンションキット、MOMO製ステアリング、鍛造16インチアルミなどを装備し、スポーティに仕上げている。じつはこのコペンクーペ、200台限定で販売されるのだ。オートサロン初日の1月11日から2月11日まで購入希望者は応募でき、抽選で購入できるという仕組みをとっている。ぜひ実車を確認して気になるなら応募してほしい。

ダイハツ

 続いては、コペン セロ スポーツ プレミアム バージョンというモデル。エクステリアの各所にメッキパーツが装着され、ややゴージャスな印象を受ける仕様となっている。ダイハツの関係者からは、「初代コペンのアルティメットエディションのような」という言葉も聞くことができた。このまま市販化前提ではないものの、大人のコペンとして登場を期待したい。

ダイハツ

 そして3台目のコペンは、TOYOTA Gazoo Racingブースにも1台展示されていた、コペン GR スポーツ コンセプトだ。オリジナルのバンパーやブラックインナーヘッドライト&リヤコンビランプなどでエクステリアを飾り、メーターやMOMO製ステアリング、レカロシートの表皮などもオリジナルとなる。鋭意開発中とのことなので、どのようなカタチで市販されるのか、注目の1台といえるだろう。

ダイハツ

画像ギャラリー