日産がデトロイトで自動運転EVコンセプトカー「IMs」を世界初公開【NAIAS2019】

日産がデトロイトで自動運転EVコンセプトカー「IMs」を世界初公開【NAIAS2019】

和のテイストも取り入れた最新の自動運転車

 アメリカ・ミシガン州デトロイトで行われる2019年北米自動車ショー(NAIAS2019:2019年1月14日~27日)で、電気自動車(EV)コンセプトの「Nissan IMs」を発表した。

デトロイトモーターショー

 全長4845mm×全幅(ドアミラー除く)1900mm×全高1500mm、ホイールベース2900mmのこの車両は、回転式のフロントシートと「2+1+2」の独自のシートレイアウトを持つ、乗車定員5名の新しいスタイルのクルマ。リヤシートは3名掛けとなるが、両サイドの小型アウトボードシートの背もたれを倒すとアームレストになり、背もたれをリクライニングしたりオットマンも出して「プレミア」リヤセンターシートとして快適な空間に組み替えることができる。

デトロイトモーターショー

 駆動方式は、フロントとリヤにモーターを搭載した4WD。最高出力360kWと最大トルク800N・mを発生する。バッテリー容量は115kWhとなっており、一充電あたりの走行距離380マイル(500km以上)となる。

デトロイトモーターショー

 路面の状況と運転モードに合わせて乗り心地とハンドリングを調整できる最新式のエアサスペンションも搭載。自動運転モードの際には、ステアリングは格納され、さらにフロント両席は内側に約15度回転させて、後部座席と会話のしやすい配置になる。自動運転走行中は、ヘッドライトとリヤのイルミネーションライトがブルーに変わり、前後それぞれのイルミネーションの中央が点滅することで歩行者や周囲のドライバーに自動運転で走行していることを知らせるということだ。

デトロイトモーターショー

 ルーフのガラス表面や、内装各所、そしてホイールにも、日本伝統の「麻の葉」柄からインスピレーションを得た幾何学模様が取り入れているのも特徴のひとつだ。

デトロイトモーターショー

画像ギャラリー