ベテランでも間違いがちなクルマのウインカー&ハザードの正しい使い方とは (1/2ページ)

ベテランでも間違いがちなクルマのウインカー&ハザードの正しい使い方とは

安全な交通のためにも今一度ルールを確認しておきたい

 教習所で習ったけどすっかり忘れたり、守っていないことはいろいろある。実際に即していないから必要ないものもあるが、今一度思い出すことで安全性が高まるものもある。後者の筆頭格がウインカーの使い方だろう。

【関連記事】日本で一番ウインカー合図を出さない県とは?

ウインカー画像はこちら

 教習所で習うというか、法律で定められている規定としては、交差点などを曲がる際は、3秒前もしくは30m手前でウインカーを出す。また車線変更の場合は、3秒前からと定められている。曲がるときや車線変更の場合は出したあと、路肩や車線側に寄せる(寄せ過ぎもダメだが)というのは、教習所で習ったはずだ。

ウインカー画像はこちら

 ただし、紛らわしい場合もある。まず路肩に止めるときなのだが、寄せる際は上記の方法で事前にウインカーを出して寄せて止める。問題はそのあとで、停止したらどうするか? じつは夜についてはハザードもしくはパーキングランプを点灯とあるだけで、昼間については規定はなく、なにも点灯させずに止めても問題はない。逆を言えば、方向指示機であるウインカーを点滅させて停止しているのはダメとも言える。実際、紛らわしいこともあり、交通量が多い場所などではハザードを点けるのが正解だろう。

ウインカー画像はこちら

  

 これも厳密に言うと、ハザードは非常点滅表示灯という正式名称であることからわかるように、緊急時に使用するもの(夜間は見通しの利かない非常事態ということ)なので、見通しの利く昼間での使用は認められないとも取れるが、安全性を確保するためにはハザードの使用が適切だろう。実際にそれで取り締まられることもないはずだ。

ウインカー画像はこちら

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報