地味に効く! クルマを長持ちさせてる人がやっている日常行為8カ条 (1/2ページ)

地味に効く! クルマを長持ちさせてる人がやっている日常行為8カ条

ちょっとしたポイントが10年後に効いてくる!

 クルマというのはメンテや手入れをしながら乗り続けるのを前提としたもので、するしないで長い目で見ると違いは出てくる。もちろん今どきのクルマは壊れて乗れなくなってしまうということはないが、せっかくの愛車だけに気持ちよく長く乗りたいものだ。そこで、地味に効く、日常に心がけたいポイントを8つ紹介しよう。

1)エンジンオイル交換

 初代カローラに30万km乗っているようなおじいちゃんたちに聞くと、みんな口を揃えて言うのがオイル交換だけはマメにしたということ。やはりメカにはオイル交換が基本。どんどん換えろというわけではなく、定期的に忘れずに交換するだけでいい。

【関連記事】新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

画像はこちら

  

2)ワックスをかける

 こちらもオイル交換と同じ、先人からのお言葉。塗装は飛躍的によくなっているが、所詮は樹脂だ。油分補給、保護などの点でワックスもしくはコーティングは基本。

画像はこちら

3)エンジンオイル以外のオイルも定期交換

 エンジンオイルは意識がいくが、それ以外の油脂類は交換しないことも多い。駆動系のガタなどを防止するには、ミッションやデフ、トランスファーのオイルは交換したい。

画像はこちら

4)止めるときは真っ直ぐに止める

 できるだけ平らなところに止めて、4つの車輪に対する力を均等化する。またハンドルも真っ直ぐにしておくといい。

画像はこちら

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報