新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載! アウディRS4アバントが6年ぶりに全面刷新

新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載! アウディRS4アバントが6年ぶりに全面刷新

往年の名車をイメージしたエクステリアデザインを採用

 アウディ ジャパンは、アウディA4の頂点に位置するステーションワゴン(アバント)ベースのハイパフォーマンスモデル「RS4アバント」をフルモデルチェンジし発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は1196万円。

 RS4アバントは、R8やRS6アバントなどを手がけるアウディのハイエンドスポーツモデル開発拠点・アウディスポーツが手がけた、A4シリーズのトップモデル。パワートレインは新開発の2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。従来の4.2リッターV8エンジンと比べ、最高出力は同等ながら最大トルクは170N・mに増強されている。

 8速ティプトロニックトランスミッションとクワトロ・フルタイム4WDシステムと組み合わせ、さらにリヤアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを採用。大パワーを確実に路面へと伝え、優れた高速安定性と操縦安定性を実現する。これにより、0-100km/h加速は4.1秒を実現しつつ、アウディ独自のエンジン燃焼技術・Bサイクルを採用したことで、燃費は11.2km/L(JC08モード)となっている。

 エクステリアデザインは、かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせたアウディ90クワトロIMSA GTOからインスピレーションを得ている。RSモデル専用となるシングルフレームグリルや大型のエアインレット、専用前後バンパーやリヤディフューザーを採用。ステーションワゴンでありながら、スポーツクーペ顔負けのスポーティさを実現した。前後ブリスターフェンダーもRS4アバントの特徴であり、ベースモデルと比較して全幅は25mm拡大されている。RS4

 インテリアは水平基調のデザインを採用し、ファインナッパレザーのSスポーツシートやフラットボトムのRS革巻きスポーツステアリング、RS専用のシフトゲート、イルミネーション付ドアシルトリムなどを装備。メーターパネルに備わる12.3インチTFT液晶ディスプレイにはスピード&タコメーターのみならず、ナビゲーション情報やGフォース、トルク値などが表示可能なアウディバーチャルコクピットを採用する。RS4

画像ギャラリー