万能じゃないウインドウ撥水コーティング! ヘタをすると最悪ガラスに傷も (1/2ページ)

万能じゃないウインドウ撥水コーティング! ヘタをすると最悪ガラスに傷も

撥水によってガラスの表面が乾きワイパーの「ビビり」が発生

 ウインドウコーティングをしている方は多いのではないだろうか。撥水剤とも呼ばれるだけに、雨を弾いて、走行風で飛ばしてくれるので、雨の日、とくに夜のドライブには絶大な効果を発揮してくれる。ただし、いいことばかりじゃないのが世の常で、ウインドウコーテンィグも完璧ではない。

【関連記事】1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

ワイパーのビビリ画像はこちら

 その大きなものがビビリだ。ワイパーを作動させると、最初はいいのだが、何回か往復しているうちに、ビリビリと音が出ることがある。実際に経験した方もいると思うが解消するのは難しく、対策としてはワイパーを止めるしかないのが実際だったりする。

 ビビリ音の原因は、ズバリ表面の乾き。撥水するのでそもそも水膜ができないし、そこをワイパーが水玉を払って追い打ちをかけるので、すぐに水分がない状態になってしまう。そこをゴムであるワイパーが表面を動けば、ビビるのも当然だ。ワイパーのビビリ画像はこちら

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報