ショーファーカーをスポーティにカスタム! 世界に2台のセンチュリーGRMNを展示【大阪オートメッセ】 (1/2ページ)

ショーファーカーをスポーティにカスタム! 世界に2台のセンチュリーGRMNを展示【大阪オートメッセ】

箱根駅伝でも話題となった「センチュリーGRMN」

 2019年の箱根駅伝に先導車として登場した、白の「センチュリーGRMN」を覚えている人も多いだろう。あの「センチュリーGRMN」は2台作成され、一台は箱根駅伝のあの白い個体。そしてもう一台、同スペックの黒の「センチュリーGRMN」が、大阪オートメッセ2019に展示されていた。センチュリーGRMN

 この「センチュリーGRMN」、どこがスペシャルかというと、まずグリルがアルミの一体からの削り出しによる逸品。フロントリップ、サイド、リヤの下まわりのエアロもオリジナル。

 タイヤは、純正の18インチを19インチにインチアップし、それに合わせフロントブレーキも大径ローター&キャリパーに交換されている。

 サスペンションは、エアサスとダンパーを専用チューニングし、GRブランドにふさわしい操安性を与えている。センチュリーGRMN

 開発にはトヨタのマスタードライバーも関わってチューニングを行い、はじめから2台しか製作する予定がなかったにもかかわらず、丹念に走り込んで、ドライビングの意のままに、なおかつドライビングプレジャーの味わえるセンチュリーを目指したという。

 ちなみに箱根駅伝で、「センチュリーGRMN」のハンドルを握ったのは、トヨタの関係者ではなく、箱根駅伝の大会運営サイドが選んだプロドライバーが担当したとのこと。

 箱根駅伝終了後も、豊田章男社長や副社長が普段の移動に使っていて、その証拠に大阪オートメッセ2019の会場には、冬使用のスタッドレスタイヤで登場。普段のタイヤは、アドバンスポーツのV105を履かせている。

画像ギャラリー