洗うだけじゃダメ! 意外と知らない洗車後の仕上げポイント5つ (1/2ページ)

洗うだけじゃダメ! 意外と知らない洗車後の仕上げポイント5つ

仕上げにひと手間加えることで愛車の見栄えがグンとよくなる

 日常的なボディケアというと、シャンプーで洗って、拭きあげて完了。さらに必要に応じて、ワックスやコーティングをかけて仕上げるといったところだろうか。もちろんこれでもいいのだが、さらにワンランク上を目指すなら最後の仕上げにひと手間かけてやりたい。簡単なものばかりだが、効果ありのポイントを紹介しよう。

1)開けられるところは開けて拭き上げる

 ざっと拭いただけでは取り除けないのが水分だ。完成したと思ったら、ツーっと垂れてくるのはイライラするし、放置して乾くとムラやシミになるのでできるだけ除去しておきたい。比較的大ワザなポイントになるが、ドアだけでなく、ボンネット、給油口など開けられるところは開けてすべて拭き上げてやる。洗車後の仕上げ

2)さらに細かいすき間の水分除去

 クルマというのはパネルを組み合わせて作られているし、ボディ上につけられた付属品も多い。これらのすき間に入り込んだ水分はできるだけ取り除いておきたい。とはいえ、パネルのすき間は布が入りにくくて、拭き上げることはできない。テクニックとしては、吸水力の高いマイクロファバーやセーム革などを使用して、すき間に角を入れ込んでやり、吸い出すようにして除去してやる。とくにドアミラーはミラーそのもののまわり、付け根など、ポイントは多い。洗車後の仕上げ

画像ギャラリー