三菱新型デリカD:5がついに発売! イカツ顔だけじゃない走り激変の超絶進化がウリ (1/2ページ)

三菱新型デリカD:5がついに発売! イカツ顔だけじゃない走り激変の超絶進化がウリ

弱点だった先進安全装備が追加されて死角なし

 2019年2月15日、かねてよりさまざまな情報が流れていた三菱の新型デリカD:5がついに発売された。

デリカD:5

 まず注目は日本車随一といってもいいイカツイ顔つきだ。このフロントデザインは「ダイナミックシールド」と呼ばれるコンセプトの基づくもの。また、キレのある横に細いヘッドライトが主流のなか、縦型のマルチLEDヘッドライトも目を引く。

デリカD:5

 リヤまわりはフロントに比べるとおとなしいものの、リヤコンビランプをテールゲートガーニッシュと一体感のあるデザインとし、ワイド感と安定性を演出しているという。

デリカD:5

 変更は当然室内にも及ぶ。インストゥルメントパネルは三菱自動車の4WDモデルに採用される「ホリゾンタルアクシス」と呼ばれる水平基調のデザイン。これは単に室内の広がり感を表現するだけでなく、走行時の車両姿勢が掴みやすいという効果がある。

デリカD:5

 デザインが注目される新型デリカD:5だが、本当の真価は機能面、走りに寄与する中身にある。

 まずは先代デリカD:5で「弱点」といえる安全装備。こちらは最新の予防安全技術「e-Assist」を搭載した。e-Assistに含まれるのは、衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)、車線逸脱警報システム(LDW)、レーダークルーズコントロールシステム(ACC)、オートマチックハイビーム(AHB)など。後側方車両検知警報システム[レーンチェンジアシスト機能付き](BSW/LCA)、後退時車両検知警報システム(RCTA)はグレードにより、標準もしくはメーカーオプションとなる。この装備によって全車「サポカー」に該当した。

 さらにちょっとした装備だが便利なこと間違いないのが、電動スライドドアとエレクトリックテールゲートのスイッチを2度押しすることで、ドア&ゲートが閉まると同時に施錠が完了する機能だ。これは完全に閉まりきるのを待たずにクルマを離れることができるので、日常での煩わしさが軽減される。

デリカD:5

画像ギャラリー