まるで高級輸入SUVのよう! ダムドのジムニー用ボディキットは圧巻の完成度【大阪オートメッセ2019】 (1/2ページ)

まるで高級輸入SUVのよう! ダムドのジムニー用ボディキットは圧巻の完成度【大阪オートメッセ2019】

コンプリートカー販売しても売れそうな完成度!

 2月11日まで3日間、インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」において、内外装パーツがマツダ車のディーラーオプションに採用されていることでも有名なDAMD(ダムド)が、5ホール内の「アクティブライフホール」に出展。新型スズキ・ジムニーとジムニーシエラのデモカーを展示した。

 だがこの2台、ジムニーよりもむしろほかの本格オフローダー……有り体に言えば緑のジムニーはランドローバー・ディフェンダー、黒のジムニー・シエラはメルセデス・ベンツGクラスと見紛うばかりのスタイルに“生まれ変わっていた”。後付け感が皆無に等しく、自動車メーカーの純正アクセサリー、あるいはコンプリートカーと言われたら信じてしまいそうになるほど、製品としてのクオリティもデザインの完成度も高いのである。オートメッセ

 その名も前者が「Little D.」、後者が「Little G.」というボディキットだが、意外にも外観の変更箇所は多くない。全車ともフロントグリルと前後バンパー、エンブレムが変更され、さらにベース車がジムニーの場合は、改造申請が不要な範囲(片側8〜9mm)で全幅を拡大するオリジナルのオーバーフェンダーを追加。オートメッセ

 また「Little D.」ではサイドデカールやウインカー、「Little G.」ではサイドモールにスペアタイヤカバー、専用アルミホイールを装着する程度で、基本的には脱着が容易な箇所に留められている。オートメッセ

画像ギャラリー