マツダがオートモビルカウンシル2019に特別なロードスターを展示!

マツダがオートモビルカウンシル2019に特別なロードスターを展示!

30年の歴史を感じられる新旧ロードスターを展示

 マツダは、4月5日(金)〜7日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセで開催されるオートモビルカウンシル2019に出展することを発表した。日本初公開モデルを含む、計6台を展示する。

 今年のマツダの出展テーマは、「ロードスター 〜30年の物語、そして今〜」。ロードスターは1989年に登場して以来、人馬一体を追求したライトウェイトスポーツカー。2019年で30周年を迎え、ブースではその歴史を振り返ることができる展示が用意される。

 展示車のなかでも、注目なのが2月にアメリカ・シカゴオートショーで世界初公開した30周年記念車と、30年前にシカゴオートショーに展示した、初代ロードスターをベースにしたコンセプトカーのクラブレーサーだろう。この2台が日本で見られるのは初とのこと。

【関連記事】「スポーツカーにモデルチェンジは不要」86とロードスターの開発責任者の本音

ロードスター画像はこちら

 そのほかには、1985年に製作されたロードスター・プロトタイプのほか、歴代ロードスターがずらり集結。また、ブース内では展示車の開発ストーリーを紹介するほか、初代モデルの企画を手がけた福田 成徳(ふくだ しげのり) 氏と、初代から3代目までロードスターの開発主査を務めた貴島 孝雄(きじま たかお)氏のトークショーも実施する。ロードスター画像はこちら

 【展示車一覧(予定)】
・ロードスター プロトタイプモデル
・ロードスター(初代モデル)
・ロードスター10周年記念車(2代目モデル)
・ロードスター20周年記念車(3代目モデル)
・ロードスター30周年記念車(ソフトトップ車)[日本初公開]
・初代ロードスター「クラブレーサー」[日本初公開]
【トークショースケジュール】
2019年4月5日(金)13:00-13:40/15:00-15:40
2019年4月6日(土)11:00-11:40/15:00-15:40
2019年4月7日(日)11:00-11:40/15:00-15:40

画像ギャラリー


新着情報