スバルはアルシオーネとワゴンブームを作り出したレガシィを展示! オートモービルカウンシル2019

スバルはアルシオーネとワゴンブームを作り出したレガシィを展示! オートモービルカウンシル2019

国内メーカー・ブランド5社の共同企画「百花繚乱80‘s」に出展

 スバルは45()7()3日間、千葉県・幕張メッセで開催されるオートモビルカウンシル2019への出展概要を発表した。

今年で4年目を迎えるオートモビルカウンシルは「クラシックミーツモダン」をテーマに、世界の自動車メーカーのヒストリーなどを公開。ヘリテージカーに対する理解を深めることを目的に開いている。

 スバルは、トヨタ自動車が昨年のオートモビルカウンシルで掲げた「メーカーやブランドの垣根を越え、クルマを愛するすべての皆さまとともに、ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見据え、日本の自動車文化を育んでいきたい」という思いに賛同。今回は国内メーカー、ブランド5社の共同企画「百花繚乱80‘s」と連携したブースに、1980年代を代表するスバル車2台を展示する。

 出展予定車は1985年当時の量産車として世界トップレベルの空力性能を誇るAWDツアラーの1989年式アルシオーネVXAX9型)。

スバル

 さらには、セダンの運動性能とワゴンの実用性を兼ね備え、ワゴンブームのきっかけとなった1990年式レガシィ ツーリングワゴン2.0ターボGTBF5型)の2台。

スバル

時代を彩ったクルマが一堂に会する平成最後のこの機会に、ぜひ足を運んでもらいたい。

  

画像ギャラリー