これぞ平成の当たり年! 1995年東京モーターショーの忘れがたきコンセプトカー5選 (1/2ページ)

これぞ平成の当たり年! 1995年東京モーターショーの忘れがたきコンセプトカー5選

世界に名だたるプリウスのコンセプトが登場したのもこの年

 2019年は東京モーターショーが開催される年ということで、過去の東京モーターショーで出展された忘れがたいクルマをピックアップ。1995年開催の第31回の中からお届けする。バブルが崩壊し、日本経済は大きく落ち込む最中にあって、それを感じさせない華やかさと勢いのあるモーターショーであった。

 当時22歳の筆者は、関西から高速道路を使わない下道オンリーでの自走で幕張メッセに向かったが、そんな個人的な思い出による脳内美化部分を差し引いても、1995年の第31回は名作揃いの東京モーターショーだったといえる。

1)ホンダSSM

 1995年といえば、ホンダは「クリエイティブ・ムーバー」と称するRVシリーズを展開し始めたころで、その第一弾オデッセイに続くCR-Vの投入が話題となっていた。その一方、インテグラに初めてタイプRを設定するなど本気のスポーツモデルの充実にも力を入れており、2シーターオープンスポーツの「SSM」を発表。

第31回東京モーターショー

 S2000の前身となるコンセプトカーだが、全長4mを切る軽量コンパクトなボディというで、縦置きFRのオープンスポーツカーながら、ギリギリ庶民的な若者にも買えそうな雰囲気に感動した。スバリスト街道まっしぐらにあった当時の筆者の心をわしづかみ。展示車がATであることだけが不満だったが、SSMのイメージにピッタリのスポーティなコンパニオン嬢と合わせて、いつまでも見ていたくなるコンセプトカーであった。

第31回東京モーターショー

2)トヨタ・プリウス

 トヨタもホンダに負けじとMR-Sの前身的な小型のオープンスポーツ「MRJ」を出展していたが、それはまったく印象に残っていない。やはり、SSMの衝撃が強すぎたのだろう。それよりも、「そう遠くないうちに発売される未来のクルマ」的な雰囲気に溢れたプリウスのプロトタイプに注目が集まった。

第31回東京モーターショー

 市販の2年前ということで、まだハリボテっぽさが拭えないところもあり、ハイブリッドカー時代が怒涛のように押し寄せるとは実感できず。直噴エンジン+電気モーターアシストで走るエコカーなど、クルマ好きの若者にとってはツマラナイものだろうと、当時の日記に批判的な文章を書き綴ったものである。筆者には時代の先を読む目がなかった。

画像ギャラリー