手放し運転も可! BMWがレベル2相当のハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムを日本国内に初導入

手放し運転も可! BMWがレベル2相当のハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムを日本国内に初導入

搭載車種は順次拡大していく予定

 BMWは、国内モデルで初めて「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」を導入すると発表した。高速道路での渋滞中に手を離して運転することが可能になる。

 このシステムは高速道路での渋滞時にドライバーの運転負荷を軽減し、安全を高めるためのもの。ドライバーが絶えず前方を確認し、周囲の道路交通や車両の状況に応じてハンドルを確実に操作することができる状況下において、ハンドルから手を離しても走行できる。

 これはアメリカの自動車技術者協会、SAEインターナショナルが定める自動運転レベル2の段階で、自動運転ではなく、前方を注視していなければならないなどの条件を課している。

 導入するモデルは2019年夏以降に発売する3シリーズ、8シリーズクーペ、8シリーズカブリオレ、X5で、順次拡大する予定だ。また、機能を搭載した車両の認可を取得したあとに、このシステムは工場生産オプションか、正規ディーラーで販売する車両アクセサリーとして提供していくこととなる。自動運転

画像ギャラリー