一時代を築いた三菱パジェロが生産終了! 集大成「FINAL EDITION」の気になる中身とは

一時代を築いた三菱パジェロが生産終了! 集大成「FINAL EDITION」の気になる中身とは

人気オプションの電動ロングサンルーフなどを標準装備!

 三菱は国内販売向けパジェロの生産を、2019年8月で終了することを発表。それに合わせて特別仕様車「FINAL EDITION」を設定し、2019年4月24日(水)より販売を開始する。

 パジェロは1982年に発売を開始。高い走破性と都会的雰囲気を兼ね備えた乗用車感覚の本格オフロード4WD車として人気を獲得してきた。登場以来、2019年3月時点で累計64万台以上を売り上げたという。

 今回の特別仕様車「FINAL EDITION」は、人気グレードの「EXCEED(クリーンディーゼル車)」をベースとし、ルーフレールと電動ロングサンルーフを標準装備した。

パジェロ

 ボディカラーは単色のウォームホワイトパール、ブラックマイカ、スターリングシルバーメタリックに加え、ツートーンカラーのスターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリックの全4色を展開。

 またインテリアには本革シートとパワーシート(運転席/助手席)を標準装備し、質感を向上させた。

 機能面では寒冷地仕様、悪路での脱出性能を高めるリヤデフロック、SRS サイドエアバッグ&カーテンエアバッグを標準装備し、利便性や安全性を高めている。

 また人気オプションであるリヤデフレクター、スペアタイヤカバー(メッキ)、マッドフラップ(アルミプレート仕様)の3つをセットとし、価格は税込み12万2752円とお買い得な「専用ディーラーオプションパッケージ」を用意。

 そのほか成約プレゼントとして「FINAL EDITION」のロゴとシリアルナンバーが刻印されたイルミネーション付スカッフプレート、シリアルナンバー入りオリジナルウォッチ、 オリジナルステッカーを用意し、このクルマのオーナーになる特別感を高めた。

 車両本体価格は453万600円で、700台限定となる。

 特設サイトも用意されているのでぜひチェックしてみてほしい。
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/final_edition/

画像ギャラリー