皆SUVやミニバンだからそれがイイと思ってません? 不人気だけど見直すべき3ジャンルのクルマとは (1/2ページ)

皆SUVやミニバンだからそれがイイと思ってません? 不人気だけど見直すべき3ジャンルのクルマとは

人によっては圧倒的メリットあり!

 ここ数年、圧倒的な人気ジャンルに成長したSUVやいざという時に多人数乗車が可能ということで相変わらず高い人気を誇るミニバン。どちらも決して手ごろな価格ではないものの、街中で見かける機会の多い人気ジャンルの車種となっている。

 一方で、一時代を気付いたセダンやステーションワゴンといったジャンルはどちらかというと不人気となりつつあり、あのトヨタが「セダンの復権」と銘打った車種を登場させるほどとなっている。しかし、そんな不人気となってしまったジャンルにも当然いいところはたくさんある。そこで今回はそんな不人気ジャンルを見直すべく、良い点をピックアップしてみたい。

1)セダンの良いところ

 セダンの良いところはやはりフォーマルな雰囲気だろう。日本のショーファードリブンであるセンチュリーをはじめ、高級車と呼ばれる車種のほとんどがセダンタイプであることからもそれは明白だ。

【関連記事】セダンがオヤジ臭いなんて誰が言った! オヤジ臭ゼロの国産セダン5選

ブームじゃないクルマ画像はこちら

 もちろん、国産車だけではなく、メルセデスベンツSクラスやBMW7シリーズなど、欧州ブランドも多分に漏れずだ。

ブームじゃないクルマ画像はこちら

 また、セダンというボディ構造はリアに独立したトランクルームがあることで、ボディ剛性はもちろん、静粛性に関しても有利となっている。リアに大きな開口部を持つミニバンやSUVはどうしてもこの点で劣ってしまうのである。

ブームじゃないクルマ画像はこちら

画像ギャラリー