問題視される「松本走り」から考える! 対向車が迫っているときの右折はどのタイミングまで大丈夫? (2/2ページ)

noteで書く

直進車にブレーキを踏ませない右折を心がけるべき

 これは距離だけでなく、速度も絡んでくるので見極めが難しいが、きちんとウインカーを出したうえで、上記のタイミングで曲がれるなら、むしろ積極的に右折した方がスマートだし、交通の流れをよくするためにも望ましいので、これはセーフ。

【関連記事】【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

松本走り画像はこちら

 直進車がブレーキを踏むところまではいかなくても、少しアクセルを戻して右折車にタイミングを合わせたとしたら、アウトとまでは言えないがやや強引な右折だろう。そして直進車にブレーキを踏ませるような右折は、立派なアウト! こういう線引きをひとつの基準にしてはどうだろうか。

 もっとも、なかには直進車が減速不要、等速度で交差点を通過できるタイミングで、ウインカーを出しながら右折しているのにも関わらずクラクションを鳴らされるようなケースもあるし、右折開始のタイミングはバッチリだったのに動き出してからがノロノロで、直進車に減速を強いるといったパターンもある。

松本走り画像はこちら

 とくに今話題の高齢者ドライバーは、対向車との距離は見ていても速度の把握がかなりあいまいで、周囲と間の取り方に隔たりがあり、ヒヤッとさせることが多々あるので要注意。

 いずれにせよ一番優先しなければならないのは安全なので、松本市に限らず、自分の判断を過信せず、相手のクルマにも甘えず(信用せず)、安全性を最優先し直進車にブレーキを踏ませることのない右折を心がけるようにしよう。

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報