独占市場じゃない? 上海ショーに存在した4乗豪華ミニバン「レクサスLM」のライバル (1/2ページ)

独占市場じゃない? 上海ショーに存在した4乗豪華ミニバン「レクサスLM」のライバル

LMは定員を4名としミニバンの概念を打ち壊すほどの豪華さ

 今回の上海ショーの大きな話題のひとつが、レクサスブランド初となるミニバン「LM」のワールドプレミア。アルファード系をベースに乗車定員を4名、後席を2名乗車としアルファード系よりさらに豪華な内装になっているのがウリだ。

【関連記事】3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

高級ミニバン画像はこちら

 しかし、筆者の記憶が正しければ、レクサス店が日本で開業した時の取材では、ミニバンには否定的でレクサスブランドとしてはラインアップしないような話を聞いたことがあるが……。開業当時はFRセダンのみであったが、FFベースのSUVや、いまではFFのESが売れ筋モデルの1台となっており、いまでは「レクサスブランドとは」というような考え方も、かなり拡大解釈されているようにも見える。

高級ミニバン画像はこちら

 ちなみに開業当初は否定的だった「レクサスタクシー」も広く見かけるようになっている。ミニバンが登場したのだから、次はいよいよハイエース スーパーGLをベースとした、ブランド初の商用車がデビューするかもしれない。

 さて話をLMに戻そう。後席を2名乗車に絞り、豪華なシートと前席との間に大型モニターを配置するなど、量販レベルではいままでのミニバンの概念を打ち壊すようなものとなっている。これはレクサスのオリジナルの発想かと思っていたが、会場で気になるものを発見した。

高級ミニバン画像はこちら

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報