ドライブ中の違反行為の映像をネットに晒されたらどうなる? 捕まることはあるのか (1/2ページ)

ドライブ中の違反行為の映像をネットに晒されたらどうなる? 捕まることはあるのか

怖い思いをした時は正当な証拠を持って警察に届けるべき

 ドライブレコーダーが普及してきて、いい面もあれば悪い面もある。

 たとえばあおり運転や迷惑運転、あるいは他人の違法な運転を動画で記録できるというのは、自己の正統性の証拠となり、有効な使い方といえるが、反対に自分が違反を犯したときの動画を、誰かがネットにアップしたらどうなるのか?

 一例を挙げると、一時停止違反、スマホを使いながらの運転、制限速度違反、車線変更禁止(進路変更禁止)違反といった、さほど悪質ではないケース(もちろんダメなものはダメだが)。

違反行為

 ネットで動画を見た人から、いろいろ批判的なコメントが寄せられたりするかもしれないが、ネットにアップされただけでは、警察も動かないだろうし、よほど悪質でなければ、わざわざ捕まえに来ることはないだろう。

 逆にいえば、あおり運転その他で怖い思いをしたときなどは、ネットにアップするのではなく、その動画を持って警察に届け出るのが正しい手段。

 警察に届けずに、ネットにアップをするのは、「さらし」行為で、厳しくいえばある意味『私刑』。

 たとえ違反者であっても、ナンバープレートや個人を特定できるような情報をネットにアップしたとなると、肖像権の侵害や名誉毀損で訴えられる可能性がある。

画像ギャラリー