環境性能はもちろんレスポンスも向上! プジョー3008&5008がEuro6.2対応エンジンを搭載

環境性能はもちろんレスポンスも向上! プジョー3008&5008がEuro6.2対応エンジンを搭載

日本の企業と共同開発した8速ATを全モデルに搭載

 プジョー・シトロエン・ジャポンは5月21日、プジョーブランドのSUV「3008」と「5008」に改良型のガソリンエンジンと電子制御8速オートマチックトランスミッション(EAT8)を搭載。「3008 Allure」「3008GT Line」「5008 Allure」にそれぞれ設定した。これにより、ラインアップが拡充され、3008と5008は全車が8速仕様となっている。

 3008は新世代のSUVとして2017年3月のデビュー以来、日本国内のプジョーの販売をけん引するモデルとなっている。洗練されたスタイリングやパワフルで省燃費な走り、先進安全装備、乗り心地の良さなどが人気のポイントだ。

 一方、3列シートで7人乗りのSUVである5008はミニバンに代わる新たな選択肢としても注目を浴びている。

 今回新たに発売するモデルに搭載するエンジンは、1.6リッターPure Techガソリンエンジンを改良し、欧州の新排ガス規制Euro6.2に対応。ガソリン粒子フィルタを採用し、排出ガスのクリーン化やフリクションを低減する。電子制御ウエストゲートバルブによって、さらなる高効率化とハイレスポンスでスムースな吹き上がりを実現した。3008 5008

 8速ATであるEAT8は、日本のアイシン・エィ・ダブリュとの協業開発で、3つのドライブモードが選択可能。エコモードでは新しく搭載されたフリーホイール機能によって走行条件が合うとアクセルオフ時にクラッチを切り、燃費改善に寄与する。ほかにも通常モード、シフトアップポイントの高速化やアクセルレスポンスの向上などにつながるスポーツモードを用意する。

 今回同時に、「3008 GT BlueHDi」や「5008 GT BlueHDi」で約70%と高い装着率を誇る、運転席のメモリー付き電動シートとマルチポイントランバーサポート、前席ヒートシーター、パノラミックサンルーフ、360度ビジョンをパッケージングした「ファーストクラスパッケージ(30万円)」を3008 GT Lineと5008Allureに設定した。

価格(税込み)は下記の通り。
3008 Allure 367万円
3008 Allure LED Package 385万円
3008GT Line 409万円
5008 Allure 414万円

画像ギャラリー