日本ならではの軽を作りたい! 開発責任者が新型日産デイズに込めた思いとは (2/3ページ)

女性評価チームを結成し開発初期から使い勝手を追求した

 あらゆる人に快適さを。そんな開発チームの想いは、女性ユーザーにも向けられている。新型デイズでは、開発チーム内に女性社員による「女性評価チーム」を結成し、使い勝手などについて女性目線からの徹底的な検証を行っている。付け爪でも操作しやすいスイッチの位置や形状。体格の小さな女性でも、つま先ではなく足全体で踏み込めるペダルや、キューブなみの柔らかさと、長時間でも快適なスパイナルサポートを備えたシートなど多岐にわたる。

 現在の日産車のステアリングホイールは、下面が平らになったDシェイプを採用しているが、新型デイズだけは女性が送りハンドルで操作をしても違和感のない真円タイプを採用。これらはすべて、女性の意見から生まれたものだ。デイズ

「運転視界についても、女性が運転しやすいことに配慮しています。ボンネットの左右の微妙なふくらみは、堂々とした威風を表現するだけでなく、車両感覚をつかみやすくすることにも、ひと役買っています。収納についても、よく使うものをしまう場所は『見える収納』、車検証のような普段は使わないもののためには『隠す収納』と、メリハリを付けてスッキリ美しく使えるような収納のレイアウトにも、女性の意見が生かされています」デイズ

「付け爪でも操作しやすいスイッチ類などは、男性エンジニアだけでは絶対に気付けなかったことですね。開発中は試作ができると女性評価チームにチェックしてもらい、そこでの意見をもとに修正をしたり、新たなアイディアを盛り込んだりといったことを何度も繰り返しました。その過程でわれわれは、女性に使いやすいものは、男性にも使いやすいということを強く感じました。女性評価チームのおかげで、結果的に女性だけでなく、より多くの人たちにとって使いやすいクルマができたと思います」デイズ

画像ギャラリー