家族ならミニバンを選んどきゃ……は間違い! ミニバンを選んで後悔するパターン5つ (1/2ページ)

家族ならミニバンを選んどきゃ……は間違い! ミニバンを選んで後悔するパターン5つ

この記事をまとめると

■ミニバンを買ったもののあんまり活用できていないファミリーもなかにはいる

■スライドドア、広い室内、3列目シートは便利だが、逆に不便となることもある諸刃の剣だ

■スライドドア、広い室内、3列目シートを必要としているか購入前によく考えておきたい

便利機能を持て余してしまうことも

 いくらSUVがトレンドとはいえ、やっぱりまだまだ、子育てファミリーカーの花形はミニバンですよね。とくに日本人は「いざという時たくさん乗れる、たくさん積める」といった“最大公約数”を選ぶ傾向があると言いますから、ミニバンが持つその安心感を一度味わってしまうと、なかなか抜け出せないのも事実です。

 ただ、ミニバンを買ったもののあんまり活用できていない、むしろもて余してしまう……というファミリーも、なかにはいるんです。楽しく便利に乗るはずだったのに、後悔するなんて悲しすぎますよね。今回は、それがどんなファミリーに当てはまるのか、例を挙げてご紹介したいと思います。

1)スライドドア

 まず1つめは、ミニバンを買う理由の半分くらいはコレでしょうと言える、スライドドア。その便利さを享受できないファミリーの場合、後悔することが多いようです。小学校低学年くらいまでの子供がいると、自分でヒンジドアを開け閉めして安全に乗り降りすることが難しいので、保護者が抱っこしたり、手をつないで乗り降りさせるにはスライドドアがとても便利。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

ミニバン画像はこちら

 ドアは自動で開くし、高さも横幅も大きく取れるし、ステップがあるから体を折り曲げる必要もないし、風が強い日に手で押さえなくていいなど、周囲に気を使わないのもいいところです。また、機械式の駐車場や壁際の駐車枠など、ドアを広く開けるスペースが取れない場所でも助かりますよね。

 でも、子供はもう保護者が手伝わなくても安全に乗り降りできる年齢だし、家の駐車場もとくに狭くないし、というファミリーの場合は、日常であまり恩恵がないわけです。そうなると、「べつにスライドドアじゃなくてよかったんじゃ?」と疑問に思うのも無理ないですよね。電動スライドドアは、完全に閉まるまでにどんなに早くても5秒以上は待つことになりますから、ヒンジドアみたいにパッパッと開け閉めできたほうが良かった、と思うこともあるようです。

2)3列シート&多彩なシートアレンジ

 2つめは、ミニバンの謳い文句に多い3列シート&多彩なシートアレンジです。これも、4〜5人家族でチャイルドシートが必要な子供がいる場合や、中学生の息子が部活をやっていて試合の時にたくさんの部員を乗せる、なんてファミリーなら大活躍するのですが、そもそも3人家族、4人家族で子供も大きいとなると、普段はまったく3列目シートって必要ないですよね?

ミニバン画像はこちら

 なのに、なんで買った? と思うわけですが、帰省した時に祖父母を乗せて一緒に移動できたら便利かなとか、たまには友達家族とキャンプ行ったりしたいなとか、買う前は夢が膨らむものなんですよね。でも結局、3列目はずっと折りたたまれたままだったり、荷物置き場になっていたり。それなら、3列目シートがない分、荷室が使いやすいクルマの方が良かったじゃん、ということになってしまうわけですね。

画像ギャラリー


新着情報