「高級ミニバン」vs「高級セダン」 後席で移動するならどちらが快適か (1/2ページ)

「高級ミニバン」vs「高級セダン」 後席で移動するならどちらが快適か

広さや乗降性ならミニバンだが走行すると……

レクサスLSが新しくなり、攻めのコンセプト、デザイン、走行性能が話題になっている。そんな高級サルーンはショーファーカーの定番だが、一方でアルファード&ヴェルファイアのように高級ミニバンを愛用するVIPや芸能人も少なくない。

【関連記事】【スライドorヒンジ】クルマのドアタイプによるメリットとデメリットとは?

リヤシート

 そこで、移動空間としてサルーンとミニバンの後席のどっちが快適、満足できるのかを検証したい。想定する比較対象車は、サルーンはホイールベースが1種類になった新型レクサスLSの最上級グレード“エグゼクティブ”(先代のロングとショートの中間的ホイールベース)。対するミニバンは大規模なマイチェンを果たした新型アルファード&ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジである。

リヤシート画像はこちら

 まずは乗降性。これは間違いなく両側スライドドアを備えたミニバンのほうが快適だろう。大開口のスライドドアから階段を1段上がる感じで車体正面に向かって歩くように乗車でき(降車も同様)、室内高1400mmのゆとりもあって腰の移動量は明らかに少なくて済む(レクサスLSは1160mm)。Bピラーに設けられたアシストグリップの位置も、サルーンのルーフにあるアシストグリップより自然に握れる位置にある。

 車内の雰囲気はどうか。これはアルファード&ヴェルファイアを例に挙げれば、ラウンジ感覚という意味でミニバンが優位。天井のLEDルーフカラーイルミネーションや各所の間接照明など、高級ホテルの一室を思わせる演出が光る。

リヤシート画像はこちら

 高級サルーンが追求するのは限られた空間で贅沢感をもたらす旅客機のアッパークラスというイメージで、レクサスLSのエグゼクティブでは左右2つのパーソナルモニター、クールボックス、クライメイトコンシェルジュ機能を用意するなどのもてなし感が特徴だ。

リヤシート画像はこちら

 視界にしても見晴らし感覚、上から目線的な乗車感覚が得られるのは着座位置、アイポイントが圧倒的に高いミニバンである。新幹線の1階と2階席の違い……といったら大げさだが、どちらが爽快で快適かは明らかだろう。

リヤシート画像はこちら

 シートの仕立てについては高級サルーン、高級ミニバンともに豪華さを競い合っている。レクサスLSのエグゼクティブになるとマッサージ機能、左右、後方の電動サンシェードが奢られるが、さすがにミニバンでマッサージ機能、リヤウインドウのサンシェードは聞いたことがない。

リヤシート画像はこちら

 高級サルーンと高級ミニバンの大きな差のひとつはもちろん居住空間だ。アルファード&ヴェルファイアの2列目席は、キャプテンシートとして標準のリラックスキャプテンシートで頭上に250mm、ひざまわりに最大870mmものスペースがある。最上級グレードに組み合わされる豪華極まる完全2座のエグゼクティブラウンジシートの場合でも頭上に270mm、膝まわりに460mmものゆとりがあるわけだ。

リヤシート画像はこちら

 ところがレクサスLSはいかにシートが豪華でも、後席は頭上に120mm、ひざまわりに250mmのスペースでしかない(すべて身長172cmのドライバー、乗員基準)。車内のエアボリュームもずいぶん違うはずである。

リヤシート画像はこちら

名前:
青山尚暉
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味:
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人:
Yuming

画像ギャラリー


新着情報