ブラックアイテムで精悍さをアップさせたプジョー2008の特別仕様車「Black Pack」発売

ブラックアイテムで精悍さをアップさせたプジョー2008の特別仕様車「Black Pack」発売

ブラック基調で仕立てたエクステリアがスポーティ

 プジョー・シトロエン・ジャポンは6月10日、プジョーブランドのコンパクトSUV「2008」の特別仕様車「2008 GT Line Black Pack」を発売した。価格(税込み)は2008 GT Line Black Packが299万円、パノラミックガラスルーフ仕様のモデルが309万9000円。2008 特別仕様車

 2008は日本におけるプジョーのSUVレンジの一角を担う重要なモデル。2018年実績でプジョーブランドの国内販売比率の約14%を占めており、2019年も4月までの販売数で前年比35%増と人気車種に成長した。

「2008 GT Line Black Pack」はブラック基調のプジョーロゴをはじめ、フロントグリルやリヤスポイラーなどのエクステリアパーツ、ブラック17インチアルミホイールなどを装備して精悍さをアップさせている。

 内装にはフロントシートヒーター付きブラックレザーシートを装備し、高級感を演出しながらも300万円を着る魅力的なプライスとなっている。なお、バックアイカメラやパークアシストなどといった安全装備は「2008 GT Line」と同一装備とした。2008 特別仕様車

画像ギャラリー