装備充実で実用度がアップしたプジョー2008が登場

装備充実で実用度がアップしたプジョー2008が登場

実用度の高いアイテムを標準化して満足度アップ

 プジョーは、コンパクトSUV「プジョー 2008 アリュール」と「プジョー 2008 GTライン」の基本装備をアップグレードさせた。2008は、街なかでもワインディングでもパワフルな走りを発揮する1.2リッターPureTechターボエンジンと、6速ATを搭載した人気の1台。2008

 水平基調のボンネットと大型のグリルがタフさを演出するとともに、ブラックとクロームを組み合わせたヘッドライトや、LION’S CLAW(ライオンの鉤爪)と言われる新デザインのテールライトが、印象的なスタイルを生み出している。

 今回のグレードアップでは、市場ニーズの高い装備を充実させている。2008アリュールには、肌寒い日などで活躍するヒートシーターと、後方視界を確保して安心して駐車ができるバックカメラを装備。2008

 上級グレードのGTラインには、アリュールの装備に加え、前方の障害物を検知すると警報音でドライバーに知らせるフロントソナーと、縦列駐車時にハンドル操作を自動で行うパークアシストを標準装備とした。2008

 車両本体価格(税込)は下記のとおり。

2008アリュール 265万円
2008GTライン     288万円

画像ギャラリー