わずかな対策が大きな差に! 激しい渋滞が起こる夏にクルマに積んでおくべき小物8選 (1/2ページ)

わずかな対策が大きな差に! 激しい渋滞が起こる夏にクルマに積んでおくべき小物8選

真夏の行楽シーズンに向けて熱中症対策は必要不可欠

 令和になったと思いきや、梅雨に入る前から猛暑の日々。真夏になったらどうなることやらなのだが、行楽シーズンでもあるだけに大渋滞にはまることもあるだろう。エアコンを付けておけばいいやではなく、しっかりと対策しておきたい。

1)冷蔵庫

 冷蔵庫といっても、シガーソケットで使える小さなボックスタイプ。500mlのペットボトルが数本入れば十分で、飲み物が冷えているだけでもリフレッシュ度は違う。ただし、お茶やコーヒーは利尿作用があるので、渋滞中にトイレに行きたくなるので要注意だ。渋滞対策

2)扇風機

 小さな扇風機というと、カーエアコンがなかった昭和な時代のものだが、今でも車内の空気を混ぜて、温度を均一化する効果がある。電池やシガーソケット、さらにはUSBを電源とするものでいいので積んでおくといいだろう。体に直接当てれば涼むこともできる。渋滞対策

3)瞬間冷却材

 いわば使い捨てカイロの逆で、叩くと瞬間的に冷えるシート。カーエアコンを効かせていても直射日光などの影響もあり、熱中症になる可能性はあるとされているので、いざというときのために積んでおきたい。

4)サンシェード

 駐車中の車内の温度上昇を抑えつつ、紫外線の影響も防いでくれる、定番中の定番。それだけに積んでおきたい。ただ、駐車場所によっては長時間戻ってこないことをアピールしているようなものなので、ステアリングだけカバーするタイプも併用するといいだろう。渋滞対策

画像ギャラリー