MAZDA3に続きアテンザも「MAZDA6」に車名変更! 一部改良して予約受注を開始

MAZDA3に続きアテンザも「MAZDA6」に車名変更! 一部改良して予約受注を開始

ガソリンターボエンジン搭載の新グレードも登場!

 マツダは2019年7月4日(木)、フラッグシップモデル「マツダ アテンザ」を「MAZDA6」に車名変更し、予約受注を開始した。発売は2019年8月1日(木)から。

 MAZDA6は「本質にこだわる大人が夢中になれる、落ち着いたエレガンスと爽快なダイナミクスを兼ね備えたドライバーズカー」をコンセプトに、エクステリアやインテリア、走行性能など、フラッグシップとしてふさわしい質感、性能を備えている。

MAZDA6

 新モデルから、より安心感のある走りを実現する「G–ベクタリングコントロールプラス(GVCプラス)」を全グレードに標準で設定した。旋回中からターンアウト時の安定性や収束性を向上するブレーキ制御を行ううことにより、高速走行時や滑りやすい路面でも安定した走りを実現する。

 エンジンラインアップは、クリーンディーゼルエンジンと自然吸気エンジンのガソリンエンジンに加え、市街地から高速道路まで力強く伸びやかな走りを提供する2.5リッターガソリンターボエンジン「SKYACTIV–G 2.5T」を追加。

 SKYACTIV–G 2.5Tはアクセルレスポンスの良さと、4.0リッターV8自然吸気ガソリンエンジン並みのトルクが生み出す力強さ、気持ち良い加速フィール、そして高揚感を感じさせるエンジンサウンドを実現し、走る楽しさを表現する。

 加えて、このエンジンとスポーティさを演出するブラック塗装のホイールとブラックレザーインテリアなどを専用に装備したグレード「25T S Package」を新たに追加。「25S L Package」に比べ、加速重視で選択したファイナルギア比を4.325から4.411に変更し、高いブレーキ性能を生み出すため、16インチから17インチの大径フロントブレーキを採用した。

MAZDA6

 また、マツダコネクトにApple CarPlayとAndroid Auto対応機能を追加したほか、一部グレードにIRカットガラスを設定するなど、快適さや利便性も高めている。

 メーカー希望小売価格は284万400円〜423万9000円(税込)。

画像ギャラリー