限定車チェッカーフラッグエディションも設定! ジャガーF-TYPEの2020年モデルが登場

限定車チェッカーフラッグエディションも設定! ジャガーF-TYPEの2020年モデルが登場

安全機能の充実とスマートフォン連携が全車標準装備に

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーブランドのスポーツクーペ「F-TYPE」の2020年モデルを発表。7月19日より受注を開始した。812万円〜2003万円(税込み)。F-TYPE

 ジャガーF-TYPEは流麗なスタイリングをもち、JブレードデザインのLEDシグネチャーライトを搭載したスポーツクーペだ。エンジンは全部で5タイプとなっており、300馬力を発生する2L直4、340馬力と380馬力の2タイプを用意する3L V6スーパーチャージャー、550馬力と575馬力を誇る2タイプの5L V8スーパーチャージャーというラインアップだ。F-TYPE

 2020年モデルは車両周囲の安全を確認してくれるフロントパーキングエイドや、車両後方の確認をサポートするリヤビューカメラを標準装備とシステムで、Apple CarPlayやAndroid Autoといったスマートフォン連携も全車標準装備となっている。

 2020年モデルの登場に合わせ、限定グレードも用意された。「CHEQUERED FLAG EDITION(チェッカーフラッグエディション)」と名付けられたとおり、チェッカーフラッグを模したアクセントがプラスされた特徴的な1台。ベースとなるのは、R-DYNAMICのクーペならびにコンバーチブル。ボディカラーはカルデラレッド/フジホワイト/カルパチアングレーの3色を用意する。F-TYPE

 外観にブラックのアクセントをプラスするブラックデザインパックやブラックのコントラストルーフを採用し、スポーティなエクステリアに仕立てらている。足もとは、20インチのグロスブラックフィニッシュ・ダイヤモンドチューンド・ホイールを装着している。F-TYPE

 室内はエボニーウィンザーレザー・インテリアとなっており、チェッカーフラッグのロゴがプラスされたヘッドレスト(エンボス加工)やステアリング、レッドカラーのシートベルトが特別装備される。F-TYPE

画像ギャラリー