特別なクルマ? 最近よく見るアルファベット入りナンバープレートの意味とは (1/2ページ)

特別なクルマ? 最近よく見るアルファベット入りナンバープレートの意味とは

分類番号と呼ばれる部分にアルファベットが用いられる

 クルマのナンバープレートについてはデザイン変更についての議論など、良く話題に上がるが、最近見かけるのがアルファベットが入ったナンバープレートだ。2018年1月から導入され、最近やっとたまに見かけるようになってきたといった感じではあるが、そもそもどういった理由で使われるようになったのだろうか?

 アルファベットが使用されるのは、分類番号と呼ばれる3ケタ部分。品川などの地名の横に続く数字で、その下ひとケタがアルファベットになっている。なぜ使用されるようになったかというと、希望ナンバーをできるだけ沢山出すため。すでに11-11など、人気が高いものは抽選としつつも、足りなくなってきているのが現状だ。

ナンバープレート

 つまり分類番号を使い切ってしまっているわけで、その対策としてアルファベットの使用となった。ちなみに現在はまだ下1ケタだけだが、制度としては下2ケタまでがアルファベットを使用できるとしており、将来的には品川5ACのようなナンバーも登場してくるだろう。

画像ギャラリー