たかが右折と侮るな! 危険を減らす正しい「交差点での右折待ち」方法3つ (2/2ページ)


万が一の事故の際に被害を軽減する

3) 追突されたときのことを考えて、ハンドルは直進状態で待つ

 右折待ちをしているときに、後ろからオカマを掘られる可能性は決して少なくはない。そのとき、もし右にハンドルを切って待っていたら、追突の衝撃で反対車線に飛び出し、対向車と正面衝突に近い状態になるというリスクがあるので、交差点内で右折待ちをしているときは、ハンドルを切らずに待機するのが安全。右折待ち

 もちろんブレーキもきちんと踏んだ状態で、MT車ならギヤもニュートラルにしておいた方がベター。AT車はDレンジのままフットブレーキを踏んで待っていた方が、発進時にNからDに切り替えるより安全だ(急発進防止になる)。右折待ち

 まとめると、停車位置は交差点の中心付近の右寄り。角度はセンターラインと平行。ハンドルも右は切らずに、直進状態のままで待機しているのがベストだ。

画像ギャラリー