クルマのブレーキパッド交換後の「キーキー音」は何かの不具合? 放置しても問題ないのか (1/2ページ)

クルマのブレーキパッド交換後の「キーキー音」は何かの不具合? 放置しても問題ないのか

ローターとパッドの当たりがよくないために不快な音が発生する

 ブレーキパッドを交換すると出やすいのが、かけたときのキーキー音。交換したあとでなくとも出ることはあるが、不快なのには変わりはない。あのキーキー音の原因は何なのだろうか?

 先に結論から言ってしまうと、ローターとパッドの当たりがよくないことによるもの。つまりローターに対して、全面がピッタリと当たればいいが、微妙に斜めに当たっていると、パッドが振動してキーキーと鳴ってしまう。ブレーキをかけたときにだけ鳴るのもこの理由だからだ。

ブレーキ 異音

 またパッドの交換が下手な場合、パッドとローターが強く当たっていない状態でも、擦れて音がすることがある。この場合は、タイヤの回転に合わせてキーキー音が変化するのが特徴だ。

 このキーキー音、小型車のリヤなどに多く採用されているドラムブレーキでも、ドラム内側とシューの当たりが悪いと同様に起こる可能性がある。では、発生防止対策としてはどうすればいいのか? 当たりの問題なので、しばらく使っていると馴染んできて消えることはあるが、それまで不快な音を我慢するのも考えものだ。

画像ギャラリー