ネット上でボッタクリとの声も! 中古車は買い取り額にいくら上乗せして売られているのか (1/2ページ)

ネット上でボッタクリとの声も! 中古車は買い取り額にいくら上乗せして売られているのか

買い取り額はだいたい60パーセントほどだがそれでも儲けは……

 クルマを手放すとき、乗り潰して廃車にするなら関係ないが、中古車として売られる場合に気になるのが、どれぐらいの価格になるのかということ。もっと言ってしまえば、買い取ったところはいくら上乗せして売るのだろうか?

 その昔、業者オークションがない頃の買い取り価格は、販売価格の40パーセントぐらいなどと言われていた。最近ではさすがにそれほど低くはなく、だいたい60パーセントぐらいだろう。

 もちろんこれは基準で、人気車ですぐに売れるとか、オーダーが入っていてどうしても買い取りたい場合はもっと割合は大きくなる。また、買い取った中古車店がそのまま売るのであれば、中間マージンカットができるので、買い取り価格を高くすることが可能だ。

【関連記事】距離や見た目じゃわからない! 前オーナーに大切にされてきた中古車を見分けるポイント7つ

中古車の販売価格画像はこちら

 逆に不人気車や、超高額車になると人気だとしても買える人の絶対数が少なく、すぐに売れるとは限らないので、販売に対する買い取り額の割合は小さくなってしまう。

 基準の6割にしても、100万円で買い取ったものがだいたい160〜170万円で店頭に並ぶわけで、一見すると儲け過ぎのように思うかもしれない。実際、ネットなどの口コミを見ると、自分の売ったクルマの売値を見たらビックリ、ボラれたというコメントが結構目に付く。

 ただし、冷静に考えてみると、6割でトントンというのが正直なところで、会社でよく言われる3倍稼がないと給料が出ないというのと同じような理屈だ。

 利益の内訳を考えてみると、買い取ってからの整備やメンテ代、売れるまでの家賃や店舗スタッフの給料、税金も計算に入れないといけない。

画像ギャラリー