普段乗りと限界域では別の顔を見せる! より精悍さを増したレクサスGS Fが登場

普段乗りと限界域では別の顔を見せる! より精悍さを増したレクサスGS Fが登場

GS F専用サスペンションを改良し軽量化と高い剛性を両立

 レクサスは2019年10月1日、GS Fを一部改良し、発売した。価格は1144万円(税込)。

 GS Fは日常からサーキットまで、「シームレスに走りを楽しめる」というFフィロソフィーを追求し、2015年にデビューした4ドアスポーツセダンだ。

 GSをベースに、自然吸気ならではの滑らかさとレスポンスの良さを楽しめるV8エンジンやボディ剛性、コーナリング時の理想的な車両挙動といった部分をFモデルの高性能セダンとして実現し、レクサスのスポーツイメージを牽引してきた。

 今回の一部改良では、標準設定のアルミホイールにFを主張するマットブラックや、ドアミラーとBピラーガーニッシュなどにブラックの配色を施したことで、力強い走りをイメージさせる精悍なスタイリングに仕上げた。

GS F

 また、ブレンボ製のブレーキキャリパーは情熱的なオレンジかスポーティな新色のブルーを選べるようになり、ボディカラーは全8色を展開する。内装色のブラック&アクセントホワイトはこの2色を使うことで、ホワイトのアクセントをより際立たせている。

GS F

 足回りはGS F専用のサスペンションを改良した。ステアリングブッシュの剛性を高め、ドライバーの意図が速やかに伝わるようセッティング。また、リヤトーコントロールアームブラケットのアルミダイキャスト化により、軽量化と高剛性の両立を実現している。普段の走りでは安定したステアリング操作を確保し、サーキットでは限界域でのコントロール性を追求するFならではのスポーツ走行を進化させた。

画像ギャラリー