鮮烈デビューもなぜ売れない? アクセラ改めMAZDA3が発売直後に苦戦するワケ (1/2ページ)

鮮烈デビューもなぜ売れない? アクセラ改めMAZDA3が発売直後に苦戦するワケ

ファミリアの後継モデルと考えると高すぎる?

 今年の5月から発売がスタートしたマツダのCセグメントカーであるMAZDA3(マツダ・スリー)。日本ではそれまでのアクセラのポジションを担う車種となっているが、そもそも日本国外では初代アクセラからMAZDA3名義で販売されており、グローバルで見れば4代目MAZDA3となる。

 そんなMAZDA3は、2018年の東京オートサロンで日本初公開され、その美しいデザインなどが評判を呼んだのも記憶に新しいところ。発売後も各メディアの試乗記を見る限り、非常にクルマとしての完成度も高く、ネガティブな評価はあまり聞こえてこないというのが偽らざる感想である。

MAZDA3

 しかし、そんなMAZDA3が思ったよりも売れていないのである。どんな車種でもデビュー当初は新型車ブーストがかかり一気に販売台数が増えるところだが、MAZDA3に関しては登場月の5月も翌6月も1500台程度の販売台数なのである。果たしてこれは一体どういうことなのだろうか?

高級になり過ぎた?

 そもそもMAZDA3の源流を辿るとアクセラからファミリアに行き当たる。そんなファミリアの最終型(1998~2003年まで販売)の価格は一番安いもので99.1万円(登場時・税抜)と100万円を切るグレードも存在していたのだ。

MAZDA3

 一方のMAZDA3は最廉価グレードでも約202万円(税抜)と倍ほどの値段となってしまっている。もちろん時代の流れで必要になった安全装備など、装備が大幅にアップしていることも分かるが、それでも20年前から比べて倍となっているのでは、従来のファミリアのユーザーはなかなか手が出しづらいということもあるのではないだろうか。

MAZDA3

画像ギャラリー