進化すればいいってもんじゃない! オヤジ世代が困惑する使いづらいクルマの最新機能7選 (1/2ページ)

進化すればいいってもんじゃない! オヤジ世代が困惑する使いづらいクルマの最新機能7選

スマホ世代に合わせた最新装備はオヤジ世代には難解なものばかり

 最近のクルマの進化は著しく、装備面でもどんどん新しくなっている。それはそれで便利な部分もあるのだが、オヤジ世代にとっては不便を感じることだってある。

1)ディスプレイオーディオ

 その筆頭が、純正オーディオだ。新型カローラ・セダン、ツーリング(ワゴン)もそうで、ディスプレイオーディオを採用。これはつまり、CDスロットがなく、スマホとの接続で音楽を聴く前提。コスト的なメリットがあるらしいが、そもそもスマホを持っていない人はがっかり。

先進機能

 カローラのような大衆車で「これでいいのか!」なんて思ってしまう。まぁ、定額制音楽聞き放題サービスがある時代に、レコード店でCDを買い、クルマのオーディオに入れて聞きながら録音する……そんな手間こそが旧時代的なのかもしれないけれど……。

先進機能

2)リモートタッチ

 メルセデス・ベンツなどが採用している、ナビなどを操作するリモートタッチも、個人的には使いづらく感じる。普段、デスクトップのパソコンでマウスを使い慣れていても、右利きの人だとマウスは右手で使うところ、右ハンドルのリモートタッチは左手で操作。慣れるまで、操作がうまくいかなかったりする。

先進機能

3)アイドリングストップ時の送風モード

 今どきのクルマは環境対応でアイドリングストップするのが常識。が、HVのようにインバーターエアコンを装備しているか、スズキのエコクールのように蓄冷式エアコン(一定時間、冷風が出る)でないと、真夏、アイドリングストップすると送風になり、生暖かい風になるので不快。ボクのクルマもそうだが、思わずアイドリングストップをOFFにしたくなる。

先進機能

画像ギャラリー